医療費控除について知ろう

>

医療費の計算の仕方について

200万円の基準について

医療費控除の計算基準、適用基準について詳しく見ていきます。
医療費控除の基準としては200万円が基準になります。
ご自身の総所得金額が1年間で200万円を超えているか超えていないかによって医療費控除の計算や医療費控除の適用基準が異なってきます。

総所得額が200万円を超えている場合には、医療費の合計が10万円を超えた場合に適用され、計算方法としては200万円=医療費-10万円となっています。
総所得額が200万円を超えていない場合には10万円の基準はなく、総所得額の5%を超える金額が医療費控除になります。

総所得が200万円を超えているか超えていないかによって異なるため、まずはご自身の総所得を確認しましょう。

医療費控除で注意すること

最後に医療費控除を利用するにあたっての注意点についてご説明します。

まず医療費控除の注意点として、確定申告を済ませたうえで医療費控除の申請手続きを行うということが挙げられます。
医療費控除の申請をするにあたっては、いくつかの書類の作成が必要になってきます。この書類の中に確定申告書類が含まれています。
そのため確定申告をしていなければ医療費控除の申請ができないため注意が必要です。

次に領収書の振り分けをしっかりと行うようにしましょう。
医療費控除では医療費の計算などが必要になってきます。
計算しなければならなかった領収書を入れ忘れていたり、医療費控除の対象とならない医療費を計算してしまっていたりすると計算にずれが生じてきてしまいますので、注意しましょう。