医療費控除について知ろう

>

医療控除の理解を深めよう

通院で公共交通機関を利用した際も対象

続いて医療費控除の対象となる交通費の基準について解説します。
医療費控除の対象となる交通費の基準も複雑になるためしっかりと理解しましょう。

まず病院まで公共交通機関を利用された場合には医療費控除も対象となります。
公共交通機関を利用した場合、領収書をもらうことはなかなか厳しくなると思います。そのため切符などをもらえる場合には、切符などを証拠として保管しておくようにしましょう。
切符などを持っておくことが厳しいような場合にはメモを残しておくようにしましょう。
忘れてしまうと医療費控除の申請をする際に思い出せなくなります。
そのため忘れないうちにメモを残しておきましょう。

基本的には病院までは公共交通機関や病院からの送迎車を利用することを心がけましょう。

タクシー代の基準は?

タクシーの利用は医療費控除の対象となるのかどうか、疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

タクシーの交通費は医療費控除の対象となる場合とならない場合があります。
医療費控除の対象となる場合としては、公共交通機関では行けないような場所に病院が存在するケースが挙げられます。
また公共交通機関で通院できる場所に病院はあるものの、緊急時であるような場合にもタクシーの交通費は医療費控除の対象となります。

次に遠方の病院へ行かなければならないような場合の新幹線代も医療費控除の範囲に入っています。
新幹線代に関しても領収書を受け取った場合には、なくさず保管しておくようにしましょう。

タクシー代の利用などについて分からない場合は領収書等を残し、申請の際に書類提出窓口で聞くようにしましょう。